和装前撮りのいろは

キモノのいろは 花嫁着物の種類

白無垢

最も格式高い和装の正礼装。花嫁そのものを表す白の「清らかさ」。
「これから嫁ぐ先の家風に染まります」という花嫁の清らかで献身的な様を象徴している白無垢。古来から「祭服」として最も高い正礼装として重用されてきました。素材や折り方、刺繍のほどこしによって様々な顔を魅せます。
神前式では角隠しや綿帽子をつけます。

色打掛

白無垢と同格の正礼装。色鮮やかな、纏う「豪華絢爛」。
色鮮やかで柄も華やかなものが多いです。着る人の思い入れのある柄やお好きな色を選んで、個性を発揮できる一着を選びましょう。掛下に白無垢と同じ白を添えることで色打掛とのコントラストが美しく、より際立って見えます。

引振袖

江戸時代から受け継がれる花嫁衣装。歩く姿にも「優雅さ」がプラスされる。
帯の下からのぞく「おはしょり」をあまりとらず、裾を引いた振袖です。独特の優雅なシルエットを作る「お引き摺り」と呼ばれるこのスタイルは、現代では華美で豪華な印象を与えやすいですが、昔は一般的に着られていたもので角隠しをつければ挙式にも臨めます。

前撮りで使用する衣装の白無垢・色打掛も様々な文様を取り揃えております。
好きな色や、柄粋、モダンな色打掛まで、あなた好みの前撮り衣装がきっと見つかります!!
スタイリストにお気軽にご相談ください。